海外にでる

大きな会議室

日系企業の海外進出が加速している昨今、海外で業務を行う際には賃貸オフィスが利用されることが多くあります。国によって法律は異なりますが、外国で不動産を探すことは難しい物です。そのような日系企業の悩みを解決してくれるのが賃貸オフィスの存在です。賃貸オフィスを経営する日系企業も海外に進出しているので、言葉の心配をする必要がありません。日本人担当者がいることも普通で、日本語でのやり取りが可能です。複雑な海外の法律を日本語で詳しく理解する事ができるので、新規進出を考えている法人企業は賃貸オフィスを利用して現地の情報収集を行うことができます。正式に会社を開くまでの拠点として賃貸オフィスを利用する事ができるのも心強い点です。

経済成長が著しい東南アジアの国は、不動産価格が高騰しています。大企業も不動産と物価の上昇に頭を悩ませています。これから進出を考えている企業は、用地買収も難しいので進出をするかどうかの情報収集を現地で行う必要があります。海外で情報収集を行う拠点として賃貸オフィスを利用すれば、賃貸料が明確になっていますし、必要な期間だけ利用する事ができます。来客に対しても応対する事ができる会議室も備え付けられていることが普通ですし、交通の便が良い都心の一等地にオフィスを構えていることも珍しくはありません。オフィスのイメージは会社に対するイメージにも大きな左右を与えることになるので、賃貸オフィスを利用すると商談もスムーズに行うことができるかもしれません。